活動内容

■活動内容

①資料分析・事前調査

 アメリカ国立公文書館(NARA)から取得してきた米軍資料を分析。遺骨のある場所を地図に落とし込みます。
 一方、事前調査隊が現地を何度も訪れ、現地政府や関係機関に調査条件を確認します。
 現地でのネットワークも構築し、地元の人たちに遺骨の場所を聞き込みます。これら現地情報と、分析した資料をもとに、遺骨がある可能性の場所を絞り込んでいきます。
 調査地を決定したら、土地所有者と交渉して調査許可を得て、関係機関に調査申請を出し、調査をするための条件を整えます。

②現地での収容調査

 調査条件が整ったら、会員の方々(※)や、他の遺骨調査団体と共に調査を開始。場所によってはジャングルを歩きまわったり、洞窟の中に入ったり、またショベルカー等の重機で地面を掘って遺骨を探し出したりします。
  今まで調査した場所・・・フィリピン サイパン グアム

 (※)現地調査予定は、会員の方にお知らせしています。→会員募集

            ↓フィリピンでの焼骨式 現地の人々も見守る


③活動報告会や遺骨調査研修会開催

 調査後、会員さんを対象にした調査活動報告会を開催したり、年末には年次報告会を開催します。また遺骨調査に関しての研修会を年に数回開催しています。(不定期)

④他団体との協力

 JYMA日本青年遺骨収集団、戦没者遺骨早期収容促進協議会、ピースリング・オブ・グアム・ジャパン、KUENTAI-USA等他団体とも協力しながら遺骨調査を実施しています。
 情報を共有し、協力していくことで、一つの団体だけで活動するよりも、遺骨収容活動全体が前に進むことを望んでいます。

■最近の調査活動 平成27(2015)~28(2016)年

  ※過去の調査活動(平成18年(2006)~平成26年(2014))
  ※調査活動以外の活動はお知らせ・メディアページ
平成28年
 07月     第106回御遺骨情報調査(サイパン)※スタッフ日記はこちら
 06月     第105回御遺骨情報調査(フィリピン)
 05月     第104回御遺骨情報調査(サイパン、テニアン、グアム)
 03月     第103回御遺骨情報調査(フィリピン)
 01月     第102回御遺骨情報調査(サイパン、フィリピン、グアム)

平成27年
 12月     第101回御遺骨情報調査(グアム)
 10月~11月 第100回御遺骨情報調査(サイパン)※スタッフ日記はこちら
 10月     第99回御遺骨情報調査(ハワイ)
 09月     第98回御遺骨情報調査(フィリピン)
 07月     第97回御遺骨情報調査(グアム)
 07月     第96回御遺骨情報調査(サイパン)
 02月~03月 第95回御遺骨情報調査(第2回グアム週末探検隊)
 02月     第94回御遺骨情報調査(フィリピン)
 02月     第93回御遺骨情報調査(グアム)

■裁判

◎ 厚生労働省裁判  →詳細はこちら
 空援隊が原告となり、国(厚生労働省)を相手に起こした2件の裁判は、平成29年3月に和解して結審しました。
   ①立替金返還請求事件  ②遺骨返還請求事件

◎ NHK裁判    →詳細はこちら
 空援隊が原告となり、NHKに訂正・謝罪放送を求めた裁判。
 東京地裁において、名誉棄損は認められましたが、訂正・謝罪放送の請求は認められませんでした。




ページのトップへ戻る