NEWS・メディア

■NEWS


 過去のNEWS
   平成26(2014)年   平成27(2015)年
   平成28(2016)年   平成29(2017)年

平成30年11月2日

北海道支部告会 開催
 室蘭市で北海道支部報告会を開催しました。今年初めて行った、沖縄での米兵遺骨の調査活動において、日本人と思われる遺骨を見つけたことや、KUENTAI-USAの活動報告等を行いました。
 KUENTAI-USAからは、マニラの米国立墓地に埋葬されていたUNKNOWN(身元不明)兵士が70年以上たって遺族のもとに帰ることになったこと。そしてその遺族を、KUENTAI-USAは4年前に突き止め、その遺族と一緒に遺骨の帰還に尽力してきたこと。また米軍が執り行う盛大な葬儀について等をお話ししました。

     

 先日(10月27日)、サイパンに甚大な被害をもたらした台風についてもお伝えしました。(写真右)
※予定では倉田専務理事がお話しする予定でしたが、急用が入り北海道を発ったため、スタッフ2人でお話ししました。

   


平成30年10月28日

東京報告会 開催
 東京で報告会を開催しました。13年前、我々が遺骨収容団体の設立を決意するに至った厚労省のフィリピン遺骨収容事業から、厚労省がこの事業に前向きに取り組んでいない実態や予算の無駄遣い等々を、厚労省発表のデータを基にお伝えしました。



遺骨収集法が成立して予算が増えたにも関わらず収容数が減っていること、硫黄島1か所とそれ以外の全地域との予算の格差等を解説しました。そのうちこのHPでも国の事業について解説するページができるかも??



平成30年10月13日

大阪支部報告会 開催
 大阪支部の第一回報告会を開催しました。7月のサイパン慰霊祭・遺骨収容の映像をご覧頂き、国の遺骨収容事業の現状、フィリピンでの遺骨調査等についてお話ししました。


初めての方も多くいらっしゃいました


  お伝えしたいことが多くあり話は尽きません / 岡田裕作大阪支部長(支部会員募集中です)

平成30年9月29日

報告会開催のお知らせ(10月 大阪・東京)
 10月に大阪と東京で報告会を開催します。
 7月サイパン慰霊祭・調査活動の報告、日本での米兵探し、今後の遺骨収容活動等についてお話しする予定です。報告会の後には懇親会も開催致します。会員以外の方のご参加もお待ちしております。ご参加希望の方は空援隊までご連絡下さい。

【大 阪】
  ◎日時 平成30年10月13日(土)17時~19時
  ◎場所 梅田シティビラアクトⅢ1F
      (大阪市北区堂山町15-4)
      ・地下鉄谷町線 中崎町駅 徒歩3分
      ・大阪駅 徒歩15分
 ◎懇親会 報告会後、近隣会場にて開催。費用は4,000円位を予定

【東 京】
 ◎日時 平成30年10月28日(日)14時30分~17時
 ◎場所 銀座区民館 洋室4号
     東京都中央区銀座4丁目13番17号
     ・東京メトロ 日比谷線「東銀座」駅5番出口 徒歩2分
     ・都営地下鉄 浅草線 「東銀座」駅3番出口 徒歩3分
     ・東京メトロ 銀座線 「銀座」駅A7出口 徒歩10分
 ◎懇親会 報告会後、近隣会場にて開催。費用は5,000円位を予定

 (連絡先)空援隊
  ・メール:office@kuuentai.jp
  ・FAX:075-321-4607
  ・電 話:075-321-4661

平成30年9月21日

サイパンで空援隊が見つけた米兵遺骨の身元判明
空援隊が見つけたことを、初めて米国政府が公式に発表する

 空援隊がサイパンで見つけた米兵遺骨の身元が9月4日に判明しました。
 兵士はSeymour P. Drovisさん。陸軍第27歩兵師団第105歩兵連隊に所属する中尉でした。
 これまでサイパンの遺骨調査現場で空援隊が見つけた米兵の遺骨は7体で、そのうち身元が判明したのはDrovisさんを含めて5人です(US Soldireページ参照)。アメリカ政府はこれまで、空援隊が彼らを見つけたことを発表してきませんでした。しかし今回初めて「空援隊が見つけた」とアメリカ政府が発表しました。国防総省捕虜・行方不明者調査局(DPAA)のHPにこの記事が発表されましたのでご覧下さい。

  アメリカ 国防総省捕虜・行方不明者調査局(DPAA)HP
  “Soldier Accounted-For From World War II (Drovis, S.)”

平成30年7月10日

北海道支部報告会 開催
 室蘭市で北海道支部報告会を開催し、7月5日から9日に行ったサイパンでの遺骨調査・慰霊祭について報告しました。

 
2日前にサイパンから帰国したばかりの茂住北海道支部長が写真や映像で活動を報告しました


土砂降りの雨の中、会員の皆様にお集まり頂きました

平成30年7月8日

サイパン遺骨調査・慰霊祭 スタッフ日記 最終日
 かつて日本軍が掘ったトンネルで遺骨を探しました。人が立って歩ける比較的広いトンネルで、足元に転がる大きな石をどけると、遺留品と共に遺骨が見つかりました。遺骨は点在していて、部位がばらばらだったため、もしかしたら過去に遺骨収容が行われ、その残骨の可能性もあると思われました。
 洞窟に行くには、生い茂る草木を掻き分け道なき道を進む必要があり、非常に蒸し暑い気候の中、昨日慰霊祭をして頂いたご住職も一緒に汗まみれ泥まみれになられました。ご住職からは「実際に現場に行くことで、今よりもずっと劣悪な状況だった戦時中に日本兵がどれほど大変だったか、そのことに思いを馳せることができました」というような声も聞かれました。


洞窟で見つけた遺骨


収容許可がないため、遺骨は元の場所に止む無く埋め戻しました。
吉川貴寛住職と松岡広也住職にお経をあげて頂きました。

 最後はホテルの建設地を訪れました。ここは1944年7月7日のバンザイ突撃の最終地点近くで、遺骨が埋まっている可能性が非常に高い場所です。数年前から厚労省に情報提供をしてきましたが、結局建設が始まりました。建設が始まればそれを止めるような出来事(例:遺骨が見つかる等)は、意図的に無視される可能性が大きく、それについても厚労省には伝えていました。
 国は「遺骨収容は国の責務」と言います。しかしその国が遺骨があることを分かっていながら、遺骨を収容しません。これはどういうことを意味するのでしょうか?国の遺骨収容に取り組む姿勢、そして空援隊がやるべきことについて、改めて考えさせられた最終日でした。  


ここは戦没者の遺骨が埋まっている可能性があります。
しかしその上に6階建てのホテルが建設される予定です。

平成30年7月7日

サイパン遺骨調査・慰霊祭 スタッフ日記②
 今日7月7日は、1944年にサイパンにおいて最後のバンザイ突撃が行われた日です。この日1日だけで4300人以上の日本兵と約400人のアメリカ兵が戦死しました。
 その日から丁度74年後の今日、まさに戦闘が行われた場所において、第3回目となる合同慰霊祭を執り行いました。仏教・神道の宗教家が一緒になって、国のために命を捧げた方々を弔い、参列者が玉串を供えて、焼香をしました。
 サイパン市長、在サイパン総領事、現地のメディア等が参列しました。
  


サイパン市長はサイパン戦について、子どもたちに語りついでいく必要があると語った


篠田欣二 在サイパン総領事は日本人や現地の人達に
サイパン戦や日本統治時代についても知ってほしいと述べた

 

平成30年7月6日

サイパン遺骨調査・慰霊祭 スタッフ日記①
 今年もサイパンにおいて遺骨調査と慰霊祭を執り行うため、僧侶や神官、会員さんが大雨の日本を飛び立って続々と現地に到着しました。
 今日は午後から遺骨調査を実施予定でしたが、数日前から降り続く雨で現場作業は危険と判断。在サイパン総領事やサイパン市長への表敬や関係各所を訪れました。
  


普段はお会いできないサイパン選出のアメリカ下院議員Gregorio Kilili氏との面会も叶いました。

 
篠田欣二 在サイパン総領事には明日の慰霊祭出席のお願いをしました。
空援隊の活動に理解を示して下さっており、遺骨調査の話からこの場では書けないような(?)話まで
終始和やかな雰囲気での面会となりました。


何度も遺骨調査をさせてもらっているお宅で吉川貴寛住職と村山博雅住職が今年も読経。
明日の慰霊祭はこのお二人のご住職と別所敬介宮司(手前)
今晩到着される松岡広也住職の4人に執り行って頂きます。

平成30年5月12日

年度報告会開催
 年度報告会を開催しました。10年以上前、113万人以上もの戦没者の遺骨が残されていることを全く知らなかった我々が、なぜこの活動を始めたのか。そのきっかけとなった国の事業の実態、その状態が今も続き、遺骨収容が進んでいない状況。そして空援隊が昨年から始めた日本に残るアメリカ兵の戦没者の調査や沖縄での調査、その他昨年の空援隊の活動についてお伝えしました。
 様々な質問も出て、遺骨収容を進めるためにどうすれば良いのか、参加者も一緒に考える機会となりました。 



 

平成30年5月11日

定期総会開催
 定期総会を開催し、昨年度の報告書及び決算、今年度の事業計画及び予算、役員の再任、定款変更等全ての議案が承認されました。
 その後の懇親会では、空援隊の現在の活動、国の事業の実態等色々とお話しました。
 


近隣の県の会員さんや大阪支部長、北海道から千葉英也理事長が
東京の会場に駆けつけました。

平成30年5月10日

沖縄遺骨調査 2日目
 朝一で戦没者遺骨収集情報センターに行き、昨日洞窟で見つけた遺骨の報告をしました。また沖縄で遺骨を見つけた際の対応について説明を受けました。
 そして昨日遺骨を見つけた場所を再調査。周辺を探すと残骨や歯、靴のソールや中敷等も多く見つかりました。今回は地表調査の段階で詳しくは調査できませんでしたが、今後も沖縄で調査を続けます。現在空援隊は日本人戦没者に加えて、本土や沖縄に残っているアメリカ人戦没者の遺骨探しも行っています。少しでも情報がありましたら空援隊までお知らせ下さい。宜しくお願いします。
 


残骨。周辺を詳しく探せばもっと見つかる可能性も。


歯もいくつか見つかった


多くの鋲が打たれたソール。日本軍か米軍のものかは調査中。

平成30年5月9日

沖縄遺骨調査 1日目
 沖縄在住のアメリカ海兵隊員から遺骨の情報が入り、急きょ沖縄を訪問。情報の寄せられた場所に行くと、沖縄の古い慣習である風葬の遺骨であることが分かりました。
 その後、前回訪れた南部の丘で洞窟調査。戦時中のものと思われる遺留品と遺骨を見つけました。この辺りは日本軍の陣地だった可能性があります。


薬瓶(左)と遺骨(右)


「水虫液」と書かれた薬瓶


茶碗

平成30年4月26日

サイパン遺骨調査・第3回サイパン合同慰霊祭のお知らせ(7月)
 空援隊では7月にサイパンにおいて遺骨調査と慰霊祭を執り行います。
 遺骨調査は洞窟に残されている遺骨を探す予定です。また慰霊祭は昭和19年にバンザイ突撃が行われた日に、その戦場において行う予定です。
 多くの皆様のご参加・ご参列をお待ちしております。ご参加ご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。詳細をお知らせします。

 ■慰霊祭 平成30年7月7日(土) 午前中
      ※慰霊祭のみご参加の方は各自でご手配をお願いします。
       (ご希望の方には現地旅行会社を紹介します)

 ■遺骨調査 (予定)平成30年7月5日(木)~9日(月)

 ■日程・費用 (例)成田出発の場合
  ①7月5日(木)~7月9日(月) 4泊5日 約20万円前後
  ②7月5日(木)~7月8日(日) 3泊4日 約16万円前後

 ■参加条件
  ・滞在期間中(空港出発から帰国まで)、次の2つのルールを守れる方
   ①食事は食べ残さないこと
   ②禁酒
  ・安全確保のため、スタッフの指示に従って下さい
  ・遺骨調査にご参加ご希望の方は、空援隊の会員になって頂く必要があります。

 ■注意点
  ・破傷風の予防接種を出来る限り受けておいて下さい。
  ・入国審査の時間短縮のため、電子渡航認証システム(ESTA)への登録をお願いしています。

 ■応募締切 6月10日(日)
  ※成田からの直行便が廃止になり、便数が減ったために飛行機代・宿泊費が高騰中です。
   参加のご意志がおありでしたら、出来る限り早目にご連絡下さい。

 ■問合せ
  特定非営利活動法人 空援隊
  (電話)075-321-4661 (メール)office@kuuentai.jp

■メディア情報

平成30年11月26日

 北海道支部報告会(11月2日)の記事が室蘭民報に掲載されました。
  室蘭民報 平成30年11月5日
  「沖縄の米兵遺骨調査結果を報告 室蘭・空援隊道支部」

平成30年7月11日

 サイパンで行った慰霊祭の記事が地元の新聞に掲載されました。
 「Saipan Tribune」(サイパンの新聞) 平成30年7月9日
 ”Kuentai repatriates 800 Japanese servicemen”



平成30年7月10日

 サイパンで行った慰霊祭が地元TV局(Saipan TV)のニュース番組で放送されました。
 「Saipan TV」
 ”KSPN2 News 2018年7月9日” ※慰霊祭は8分24秒~



平成30年7月9日

 サイパンでの遺骨調査と、サイパン市長への表敬訪問が地元の新聞に掲載されました。
 「Marianas Variety」(サイパンの新聞) 平成30年7月9日
 ”Kuentai group continues to get updates on its search for WWII remains”



平成30年06月26日

 「STARS AND STRIPES」(アメリカの新聞) 平成30年6月26日
 ”Japanese group accuses US of abandoning World War II remains on Saipan”
 空援隊とKUENTAI-USA(空援隊のアメリカの姉妹団体)がサイパンで見つけたアメリカ兵の遺骨
 (第2次大戦のサイパン戦で戦死)をアメリカ政府が3年近くも収容せず放っていることついて、空援隊の
 倉田専務理事(KUENTAI-USA理事長)が取材を受けました。
 今年5月に行った沖縄の遺骨調査の写真等も掲載されています。

           

平成29年08月25日

 「北海道新聞」に北海道支部報告会の記事が掲載されました。
 ●平成29年8月23日
 「旧日本兵 遺骨収集の現状「供養もされず置き去り」室蘭でNPOが報告会」

平成29年08月21日

 新聞「室蘭民報」に以下の記事が掲載されました。
 ●平成29年8月14日
 「伝える戦争の記憶(中)NPO法人空援隊「遺骨発掘 現地で供養」」

 ●平成29年8月19日
 「「現状伝える」が大事 空援隊がサイパン調査 室蘭で報告会」

平成29年07月28日

 地元新聞に空援隊の記事が掲載されました。
  ※空援隊のこれまでの活動内容については、間違いが多くあります。
 Saipan Tribune 2017年7月11日
 “Kurata: Kuentai mission to repatriate remains hindered by lack of permits”

平成29年07月10日

 7月7日に執り行ったサイパン慰霊祭の記事が、地元新聞に掲載されました。
 ●Marianas Variety 2017年7月10日
 “Kuentai holds memorial service for WWII dead”
       
        挨拶するサイパン市長(記事内写真)

 ●Saipan Tribune 2017年7月10日
 “Kuentai honors WWII fallen in ARC ceremon”

平成29年07月05日

サイパンの地元新聞2紙に、慰霊祭開催のお知らせ記事が掲載されました。
 ●Marianas Variety 2017年7月5日
 “Kuentai to hold memorial service for fallen soldiers”

 ●Saipan Tribune 2017年7月4日
 “Kuentai to host 2nd memorial”



ページのトップへ戻る